展覧会名:アイチのチカラ戦後愛知のアート、70年の歩み

会  場:愛知県芸術文化センター内「愛知県美術館」

会  期:2013年11月29日(金)~2014年2月2日(日)

入場料 :一般500円、高大生300円 


私が31歳の時の作品が展示されています。現在の造形が確立されていく始まりの作品です。
当時、アメリカン・アートのフランク・ステラのブラック・ペイントや斜角迷路シリーズなど、ミニマル・
アートに興味を持ち始めた頃です。

その後、単純な形態が画面一杯に増殖し、画面が造形的な一点に収斂され自律する造形美が確立
していきます。また、近年は自律する造形と音楽との関わりの中でも制作をしています。

美術館という空間で改めて若き日の自作を観ることは、奇妙な想いであります。当時の生活が蘇るようでもあります。あの頃高校の同級で友人でもある、原健さん、平松礼二さんはすでに頭角を現し私は焦っていたし、挫折感の中での制作だったように想う。

... 続きを読む
スポンサーサイト
2013.11.29 / Top↑