FC2ブログ
大晦日に賀状をポストに投函し、その数時間後の元旦早々から年賀葉書を買いにコンビニへ出かけた。それを皮切りに良いことも悪いことも含め毎日外出し、きょうまで慌ただしく過ごした。何だか今年は忙しくなるのかと思ったりもするのだが、とにかく平和で元気に過ごしたいものだと願う。

日頃からテレビは特定な番組以外は殆ど見ないのだが、偶然「ウーマンラッシュアワー」というお笑いコンビを目にした。社会問題、政治批判を五分余りの時間に凝縮し猛スピードでリズミカルに喋る。日頃思っている疑問や理不尽がたてつづく内容に聴衆は思わず心奪われ笑う。聴衆を笑わせておいて一番問題なのは、笑っている「お前たちだ」と聴衆を指さして終わる。
危うい政権を選んでいるのは「私たち」なのだとい根源的な問題をネタに終始していることに、戸惑いもあり面白くないという意見もあるという、けれど識者からは賞賛の声が相次いでいる。欧米では、芸術家や俳優、タレントが堂々と政治批判する。日本の報道の自由度は世界72番目だ。

私が昨年に制作した作品で一番気に入っている一点を20日からSHUMOKU GALLERYの一階スペースで展示致します。機会がありましたらご高覧ください。二階のスペースではNippon Modern Art1950-1959が開催されます。高間惣七、猪熊弦一郎、佐藤敬、香月泰男、オノサト・トシノブ、菅井汲、堂本尚郎、古沢岩美、脇田和ら日本の現代美術を支えた重鎮。私が憧れ影響を受けてきた作家ばかりだ。堂本尚郎氏には晩年何度かお会いする機会もあり会食もした.。格調高い静かな会話に畏敬の念を抱いたものだ。
スポンサーサイト
2018.01.25 / Top↑