FC2ブログ
美術史家の高階秀爾氏がパリ留学から帰国して間もない頃、スリーピース・スーツを着こなし教壇にたった姿を今でも鮮烈に覚えている。ダンディでエレガンスな雰囲気は当時、美術を学ぶ学生にとっては強いあこがれを抱かせるものだった。

かっての高階秀爾氏を想起させるようなスーパーエリートの若い美術史家から八月某日12時**分にそちらの駅に着くとメールが入った。その日は40度余りの猛暑日だった。私は30分ぐらい前から小さな駅舎の待合で一人の来訪者を待った。高階秀爾氏の後輩にあたるが、留学先はパリではなくニューヨークだったという。駅から10分ほど車で走り私の仕事場に案内した。仕事場が待庵ほどの空間だと前もって伝えてはあったので、狭小空間にはあまり驚いたふうではなかった。中学生時代の作品から現在制作中の作品まで観た後に、イーゼルに掛けてあった「けん玉」を手にしてハイレベルのけん玉を披露してくれた。そうして話し込んでいる間に帰る時間が迫り、急いで駅まで送った。

お知らせ
広島で展覧会を致します。1980年代の重要な作品から新作までを発表いたします。
機会がありましたら、ご高覧ください。

展覧会名:山村國晶展
会   場:天満屋広島八丁堀美術画廊
会   期:2018年8月29日(水)~9月3日(月)
個展用テクスト  B5 10頁

スポンサーサイト
2018.08.24 / Top↑