FC2ブログ
永井荷風の名作「濹東綺譚」に古本屋を訪れるくだりがある。
「この店をおとずれるのは古本の為ではなく、古本を鬻ぐ(ひさ)亭主の人柄と、廓外(くるわそと)の裏町という情味との為である」。。。
主人(あるじ)の独特なパーソナリティーに惹かれて行くわけである。私が画廊を訪れるのもこのような思いで訪れる場合が多い。画廊に展示された作品にはさほど重要性はないような気がする。それよりも独特なパーソナリティーをもつ店主と語りあうことのほうが尊く思うからである。しかし一家言ある主人の画商は近年めっきりすくなくなった。


入店することを拒否されているかのような佇まいの和食の店がある。都心にありながら店の案内は一切なく閉ざされた木戸の右上に小さく表札が掛けてあるだけである。

予約をとるのはかなり難しい。店主は頑固な職人気質のベテランをイメージするが、まだ40代前半と若いながら一家言ある料理人である。年に何度か海外から要請を受けて料理を作りに行くという。先頃もイタリアとイギリスへ。訊けば驚く要人の名前と海外メデイアが登場する。

店のエクステリアはぶっきら棒だがインテリアも土壁に木と畳みだけと無愛想だ。装飾品といえば、具体美術の作家の作品と私の作品が掛けられているだけである。和食の店に現代美術が妙にあうから不思議だ。とりわけ私の作品は思わぬ場所に掛けられているから誰しもが印象に残るという。







文中の「具体美術」は戦後、兵庫県芦屋市で結成された前衛芸術集団。日本の現代美術の幕開けであり国際化に扉を開いた。フランスの美術史家ミッシェル・タピエ氏が具体美術を高く評価し海外に紹介したこともあって、多くの作家は国際的に活躍していった。昨年ニューヨーク・マンハッタンにある前衛芸術の殿堂グッゲンハイム美術館で「GUTAI」展が開催された。

過日、教え子たちと前出した和食の店で会食をした。季節の旬の素材を生かしたシンプルでかつ繊細な料理に教え子たちは感銘を受けたようだった。唐突に一年生時の必修科目を卒業期まで四年かかったのは何故かと理由を訊きたいと。。。辛らつな質問が飛び出したりした。大所帯の私のゼミをまとめてくれたNさんには退任記念展など後押ししてもらうなど卒業生には何かと世話になり感謝。

昨日、公務員をしている友人が訪ねて来てくれた。お互いに現政権の恐ろしさを語る。近い将来はこんな話をしていたら逮捕されると。冗談ではなく、憂う時代。
スポンサーサイト
2014.04.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kuniakiyamamura.blog111.fc2.com/tb.php/127-770302ed