FC2ブログ
自閉的で孵化前の幼虫のような少女。ジョルジュ・バタイュのいうエロティシズム。母親の恋人だった詩人のリルケに才能を見いだされたというバルテュスの絵画を観に京都市美術館へ行った。京都市美術館は東京都美術館に次いで日本で二番目に建設された公立美術館で昭和初期の建物である。現代に建設された美術館のような爽やかな明るいホワイト・キューブの空間ではない。重厚さに満ち溢れた空間はバルテュスの絵画世界を見るには最適かもしれない。

建仁寺の□○△の庭を眺めた。四角(地)、丸(水)、三角(火)は禅思想だという。抽象絵画のカンディンスキーは四角は赤、丸は青、三角は黄と形と色の関係を記した。禅思想と抽象画思想はイコールかと想いを巡らしながら、隣の安井金毘羅宮に立ち寄った。絵馬の形をした巨石に空けられた穴をくぐることで、悪縁を切り、良縁を結ぶというものだ。

形代を求め願をこめて碑をくぐった。くぐった後に形代に糊をつけ巨石に貼ることで儀式は終わる。現代美術の領域でよくみられるパフォーマンスの様でもある。無数に貼られた形代で巨石は白く覆われたオビジェでもあった。

☆☆☆
「ミニマル/マキシマル」特別展は今月末まで開催中です。現代美術だけではなく、いろいろと考えさせられる内容の展覧会です、是非ご高覧下さい。
会期:2014年8月1日~9月28日。会場:愛知県美術館展示室5。入場料:大人500円。高大生300円。
出品作家:アド・ラインハート、アグネス・マーチン、山田正亮、フランク・ステラ、戸谷成雄、
山村國晶、真島直子、斉藤吾朗、湯原和夫、モーリス・ルイス、デヴィッド・ジャピロ、桑山忠明、伊藤公象ら16名。

9月3日付け中日新聞朝刊の文化欄に記事が紹介されています。

スポンサーサイト
2014.08.31 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kuniakiyamamura.blog111.fc2.com/tb.php/143-aab0f33d