私自身の青春と重ねるような想いで愛読した五木寛之の名著「青春の門」が23年のブランクを経て再スタートした。主人公の伊吹信介は九州・筑豊から上京することの理由を・・・具体的に自分の人生をささげつくす対象が彼には摘めないのだった。「それを見つけに行くのだ」信介は口の中でそうくり返した・・・(青春の門、筑豊編最終章より)。
私は現職時代に筑豊編から自立編を入学まもない学生たちに読むことを薦めた時期があった、けれど時代の流れの中で応答する学生は徐々に少なくなっていった。
再スタートした五木寛之氏は青春を遠く離れた玄冬の果てにいるという。第九部となる「漂流編」がどんな物語を展開するかは五木文学フアンにとって興味深いところだ。書籍になるのを待つにはあまりにも遠すぎる。まずは掲載される週刊誌を買いに行くことになったが、再開早々苦境に立たされているようだ。「馬鹿も利口も命は一つたい」と信介の父、重蔵の言葉をつぶやいていた。

敬愛する馬場駿吉氏が名古屋出身で国際的に活躍し6年前に定住先のニューヨークで亡くなった美術家、荒川修作論を出版した。馬場駿吉氏は俳人で元々は医学者で大学病院の院長だった。現在は名古屋ボストン美術館館長を務め美術批評はじめ多義にわたる文芸批評をされる。早くから荒川修作氏と親交のあった馬場氏が語る荒川芸術は私の知る荒川芸術よりはるかに興味深く一気に読み入ってしまった。難解だといわれる現代美術を荒川芸術を通して分かりやすく語りかけている。

五木寛之氏と馬場駿吉氏はともに同い年だが、ともに今が青春のごとく夢にむかって驀進している。人は夢を失ったときに老いるといったS・ウルマンの言葉がよぎる。厳冬がつづく、春を待ち遠しく思う。

トークショーのお知らせ
現在開催中の「絵画の何か:ニュー・オールド・マスター」展(2月28日~3月25日*日・月休館*会場:MATnagoya名古屋市港区名港1-19-1 MINATOMACHI POTOLUCK BULILDING3F:電話052-654-8911:地下鉄:名港線・築地口下車2番出口徒歩1分)3月11日(土)午後2時~4時・アーティスト・トークを致します。予約不要
スポンサーサイト
2017.03.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kuniakiyamamura.blog111.fc2.com/tb.php/190-29672a55