先年、ミラノを訪れたときミラノ中央駅が巨大な鋼鉄で覆われたホームに圧倒された記憶がある。巨大な駅はファシスト、ムッソリーニの権力の象徴だといわれる。映画「ひまわり」はそのホームから以前戦場に行く若き夫を見送った。そして同じホームから再会したが戦争で失われた時を取り戻すことは叶わず愛しながらかっての夫を見送る。ミラノ中央駅でのラストシーンだ。マルチェロ・マストロヤニとソフィア・ローレンスの二人の魅力についアーカイブのフイルムに魅入つてしまった。私がミラノを訪れた理由は20年に及ぶ修復を一人の偉大な女性修復家ピニン・ブランビッラー氏の偉業によって蘇ったサンタ・マリア・デッレ・グラツイエ修道院の「最後の晩餐」を観るためだった。だがもう一つの理由に古い友人に会うためでもあった。行く前から連絡をとったが応答がなく心配はしていた。ミラノに着いて友人を知る関係者に消息を訊いて歩いたがどうやら会いに行くのが遅すぎたようだった。


テレビ画面に池田満寿夫さんの顔が大きく映りだされた。妻の佐藤陽子さんに向かって写楽への推理を誇らしげに語っていた。 推理ドキュメント「 謎の絵師・写楽」が再放送された。以前見たことは殆どが記憶から消え、まるで初めて見るかのように魅入った。写楽は江戸時代の中期に10ヶ月余りという短い期間に役者などの作品を残し忽然と姿をけした浮世絵師。生没など経歴はさまざまな研究がされてきた。
池田満寿夫さんの感性を頼りに写楽はいったい何者だとせまったドキュメンタリーフイルムだ。そして一人の役者にたどりついたのだった。
撮影された当時池田さんは多分40代後半だっただろうと思う。妻の佐藤陽子さんはそれよりずっと若い。瑞々しく語る二人の姿がやたら懐かしい。私が知る池田さんは世界に羽ばたき始めたころだった。意気揚々弾けんばかりの勢いでかっこ良かった。憧れもした。生き方に大いに影響をうけたものだった。
スポンサーサイト
2017.11.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kuniakiyamamura.blog111.fc2.com/tb.php/203-65d328d4