FC2ブログ
若手チェリストの宮田大のコンサートに出かけた。サイトウキネンフェスティバルなどのアンサンブル等で聴く機会は何度かあったが、ソロコンサートを聴くのは初めてだった。ドビッシーの小組曲が躍動感と叙情性が冴え素晴らしいものだった。ヴァイオリン・ソナタで有名なフランクのチェロ・ソナタもヴァイオリンとは違う清々しさがあり聴きごたえがあった。アンコ―ルに応えた笑顔がヒューマンなジャーナリストだった若き日の筑紫哲也氏にどこか似て爽やかな印象を受けた。先年、運よく小澤征爾氏の誕生日コンサートを筑紫哲也氏の司会で聴いたことがあった、その時のロストロ・ポーヴィッチのチェロ演奏を思いな出しながら、演奏後にCDを買いサイン会に参加した。若いクラシックフアンに混じって並んでいるところをゼミの教え子に会った。教え子は学生時代から学生オケでチェロを弾いていて今も市民オーケストラで頑張っているという。昨年新しいチェロにバージョンアップしたと嬉しそうに語ってくれた。

お知らせ
アートフェア東京2018に作品を出品いたします。機会がありましたらご高覧下さい。
会 期:2018年3月9日(金)、10日(土)11日(日)、11時~20時。
会 場:東京国際フォーラム(千代田区丸の内3-5-1)。South Winng Door4 BoothNumber32 
                  SHUMOKU GALLERY。
入場料:前売券3000円(チケットぴあ、ローソンチケット)。当日券3500円。
スポンサーサイト
2018.03.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kuniakiyamamura.blog111.fc2.com/tb.php/206-dd5377b5