FC2ブログ
12月の初旬に毎年決まって個展を開催するという、案内状が今年も届いた。もう10年以上も続く。会場には殆ど作品らしきモノは置かれていない。こうした光景は現代美術では珍しくはない。けれど毎年同じような行為が同じ時期に行われていることには何か作者の意図することがあるのではないかと、言われるようになった。私はたまたま会場に居合わせた人に其の想いを訊ねてみた。するとその人は12月の最初の週に作者のモニュメンタルな日が存在しているのではないでしょうかと、話してくれた。そして、なおもその人は自分の亡羊とした過ぎし日を、なぞるように毎年それも10年以上も続いていることは凄いことですねと、私に同意を求めるように語り、会場に立ち尽くしていた。
人は日々溢れるほどの情報が降り注ぐ生活のなかで、一つの出来事だけを忘れずに抱き続けることは出来るのだろうか。だとしたら、この不可解な個展には作者の人生を今日まで支えてきた重要な出来事の日が隠されているのだろうかと、思うと胸が熱くなるのだった。

外出先で昼食をしようと店をさがし、昭和の風情の残る洋食屋を見つけてはいた。ラストオーダー前だったせいか店内は空いていた。案内された席に着くと、横と後ろの壁面に私の作品が飾られているのが目に飛び込み驚いた。その作品の一点は私にとって重要な作品だった。食事が運ばれる間に作品に近付き懸命に見た。額にはめられていたガラスが汚れているのと店内が明るくないせいか、傷み具合など画面の詳細は分からなかった。
店員に飾られた絵について訊いてみようと何度も思った。けれど若い店員はおそらく何も知らないだろうし、唐突な客からの質問に戸惑うだけだろうと思い訊くことはなかった。それでも食事を済ませ店を出る時に思い切って店主を呼び、作品を買い戻したい旨を伝えたいと思ったのだが、やはり言えなかった。
スポンサーサイト
2018.12.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kuniakiyamamura.blog111.fc2.com/tb.php/217-2ebdafd0