FC2ブログ
5月15日の22時から23時30分にNHK教育テレビETV特集で「放射能汚染地図」科学者たちの独自調査2ヶ月の記録と題して▽事故直後の戦慄測定値▽ホットスポット発見そこに人がのこされていた▽人生をかけた養鶏場全滅▽汚染校庭などが番組の主な内容である。

私は最初、科学者たちの独自調査といっても、どうせNHKの作る番組だから御用学者によるものぐらいのつもりで、どんな御用学者が出演するのかを確かめるぐらいでいた。

ところが始まるやいなや画面は木村真三氏という一人の青年が自宅のベランダで放射能測定したフィイルターを京都大学原子炉実験所に送り放射能の分析から始まった。京大原子炉実験所は以前書いた熊取五人組の科学者のいるところであった。

ナレーションが木村真三氏は「放射線医学総合研究所」に勤務していた科学者であったが、しかし勤め先から独自での調査をしないようにと圧力がかかり、辞表を提出して独自の調査を開始ししたという。

木村氏に協力をしたもう一人の科学者はビキニ事件やチェルノブイリ事故の調査をてがけた元理化学研究所の岡野真冶氏だった。岡野氏が開発した測定機は映像を採りながら放射能汚染が詳細にリアルタイムで画面に表示されていくものだった。

汚染された地区3000キロ走り作りあげた「放射能汚染地図」は今までメディア等で知らされていないことばかりで驚愕の思いで見た。

辞表まで提出して真実を知ろうとした木村真三氏、制作したNHKスタフの勇気、木村氏をささえ協力してきた人々に感銘を受けた番組であった。

自民党の河野太郎氏が5月5日の朝日新聞で・・・「多額の広告費をもらうマスコミは批判が緩み、巨悪と添い寝してきた。政・官・産・学・メディアの五角形が安全神話をつくった」と述べている。

みんな利権に群がりしがみついている。けれども一方で真実を探求するヒューマニティー溢れる人々も多くいることに勇気つけられる。

尚、この番組はきっと再放送されると思うし。NHKオンデマンドで見ることができると思います。
スポンサーサイト
2011.05.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kuniakiyamamura.blog111.fc2.com/tb.php/23-37c23ea7