FC2ブログ
窓から吹き込む夜風が心地好い季節になった。夜遅くまで書きもをしていると、ふっと秋の虫の音に気をとられ、ペンの動きが止まる。

随分昔に、角田忠信という学者が音と日本人の脳と文化について書いた興味深い本を読んだ記憶がある。角田氏は秋の夜長に美しいコオロギの鳴く音に聞き入っていたもののどうも勉強がはかどらなかった。そこでコオロギの鳴く音が人間の脳にどのような影響を与えるかを調べたのだった。

人間の脳には左脳と右脳がある。左脳は言語等を理解する論理脳といわれ、右脳は音等を理解する感覚脳といわれる。

こうした脳の働きから、音は基本的には右脳で聞くものと思う。ところが角田氏は日本人の脳はコオロギなど虫や鳥などの鳴く音は理論脳の左脳で聞いていて西欧人は右脳で聞いているという。

思考することは当然左脳である。そこにコオロギの鳴く音が左脳にかぶさることで、勉強がはかどらないことになると角田氏は推測する。

日本人の脳と西欧人の脳は音に対しては大きな差があるという。西洋音楽は日本人も西欧人も右脳で聞く。
ところが和楽器の琵琶、三味線、尺八などは日本人は左脳で西欧人は右脳に優位性がみられるという。

このことは日本人の美意識が「自然との融合」の美学だという裏付けの手掛かりになる。自然(虫)音と言語(ことば)音が同じ左脳に優位性あり西欧の美学が「自然との対立」だというのも頷ける。

加藤周一は京都の桂離宮に日本人の美意識の全てが凝縮されているという。部分から全体へと増築を繰り返し構築されて行った書院や、アン・シンメトリーな配置など全てが抒情的であるのは、理論脳の左脳に虫の音や和楽器などの日本人の情緒音を取り込んでいるからだと考えられる。



スポンサーサイト
2011.09.07 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kuniakiyamamura.blog111.fc2.com/tb.php/32-64d31d22