FC2ブログ
池田満寿夫さんの誕生日
2月23日は版画家、小説家、陶芸家、映画監督といろいろな顔をもつ池田さんの誕生日である。
学生時代の一時期,私は井の頭線の東松原駅近くにあった池田さんのアトリエに毎日のように通ったのだった。何時行っても可笑しな人々ばかりで賑やかだった。大学よりはるかに楽しく刺戟的で多くの才能と出会い,多くのことを学んだ。

池田さんは威張ったところがなく何時も飄々としていた。近くの羽根木公園でキャッチボールをしたり、その帰りにコロッケを買ってくれたりした。

そんなある日、池田さんはニューヨークに旅たっていった。私もいつかこうなりたいと憧れ、夢み希望に満ちていたものだった。

その後芥川賞を受賞されたりし多くのメデイアに出たりして活躍している池田さんを遠くから見ていたのだった。

ある夜名古屋市内で東京の出版社の編集長に会った、その時私は編集長に「池田さんはお元気ですか」と訊ねた。すると編集長は「池田さんは疲れたそうでこの四月から某大学の先生になるそだと」言われ別れた。それから数時間後に池田さんが亡くなられたと!電話がはいた。


三重県四日市市にできたパラミタミュージアムで池田さんの晩年の膨大な陶芸による写経を観たとき驚いた。

誕生日と亡くなられたたのが早春だから、この時期になると池田さんのことを思い出す。そして学生時代にあったいろいろな出来事も・・・思い出すのだった。
スポンサーサイト
2011.02.23 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kuniakiyamamura.blog111.fc2.com/tb.php/6-793a7f8d